『首都圏模試結果』『模試との関わり方』

query_builder 2021/10/01
ブログ
現塾

いよいよ10月に入りました。

緊急事態宣言も終わり、

学校見学等を再開する学校も増えてきてますね。


そんな初日から台風が来ていて雨風がすごいですね…。

大きな被害が出ないことを祈るのみです。


今回は書くのが大分遅くなっていましましたが、

夏の成果として9月首都模試の成果について。


9月は6年生の応用クラスは四谷合不合、

基礎クラスは首都圏模試をそれぞれ受験しました。

現塾では、クラスによって受ける模試の大枠を決めていますが、

SAPIX模試や日能研模試、学校別模試なども含め、

一人一人によって薦める模試を変えています。

せっかく受けるからには、

出来る限り有効活用したいですからね笑



さてそんな9月首都模試。

7月との比較で書いてみたいと思います。

(人数は4科10983人→11149人と増加)


 国語   50.5→51.3

 算数   55.5→61.5

 理科   51.1→55.1

 社会   46.8→54.1

2科目 53.1→56.9

4科目 50.5→55.8


一人一人がすごく頑張ってくれたのが見て分かる結果です!

偏差値が10以上上がった人も多かったです。

当然ですが夏休み明けのテストということは、

周りの受験生も必死に1ヶ月勉強した中のテスト。

みんなが頑張っている中で、

偏差値を上げるには周りと同じ頑張りでは足りません。


その中でこれだけ上がっているのは、

夏休みの進め方が間違っていなかったのもありますし、

何よりよく頑張ってくれた成果です。

本当に素晴らしいです。

精一杯喜んで自分を褒めて欲しいなと思います。


受験の要である算数に焦点を当てると、

偏差値65以上が何と2人に1人!

さらには偏差値70以上の人もようやく出てきました。

まだまだ伸び代も見えているので心強い限りです。

他の科目も大分良くなってきていて、

夏前と比べたら少しだけ自信を持っているように見えます。



その一方で、

首都圏模試の偏差値や判定は全てではないため、

油断は決して出来ません。

これは他の模試でも変わりません。

あくまで1つの「指標」です。


本番はあくまで2月の受験です。

模試はその途中にあるだけなので、気にしすぎてもいけません。

良ければ喜ぶし、

悪ければ出来ないものをしっかり出来るようにし、

次に繋げようとする姿勢が大事です。



明後日には10月の首都模試があります。

一人一人にとって良い結果になればと思います。



「夏の成果」を見て、

塾への不安を募らせている方もいらっしゃると思います。

また、現在成績が伸び悩んでいる方も

初めての受験塾をお探しの方も含め、

いつでもご相談・体験授業等、お待ちしております。


今回はここまで。

ありがとうございました。

NEW

  • 『10月首都圏模試結果』『模試の活用』『算数の伸び』

    query_builder 2021/10/16
  • 蒲田の中学受験塾「現塾」リニューアル②

    query_builder 2021/10/09
  • 『首都圏模試結果』『模試との関わり方』

    query_builder 2021/10/01
  • 『過去問の使い方②』『塾の対応と塾選び』

    query_builder 2021/09/27
  • 中学受験『夏期講習の意義』と『個別課題の重み』

    query_builder 2021/07/10

CATEGORY

ARCHIVE