志望校選び①「現実と目標」「意義と選び方のコツ」

query_builder 2021/06/28
ブログ
現塾

4・5・6年生の保護者会が終わり、

夏期講習に向けてのカウントダウンが始まりました。

いよいよ迎える「勝負の夏」です。


さて、中学受験生にとっての一番の目標は当然ですが、

「受験合格」だと思います。


それではどこに合格したいと思っているんだろう?と思い、

この時期の6年生と話してみると、

「まだどこの学校がいいかわからない」

という話を数多く聞くことになります。

この時期の状況を改めて考えてみると、

夏休み前までは単元学習が多く、模試等も多くないため、

実際にどの偏差値帯の学校にすべきかわからない部分もあり、

更に夏休みの間にどのくらい伸びるのかが不明瞭です。

例年であれば秋の文化祭が多いため、

夏前に学校自体を見る機会が少ないことも、

学校を一つに決めきれない要因かもしれません。



しかしながら「第一志望」が決まっているかどうかは、

とても大きな意味を持ちます。

目標が決まっているからこそ、より頑張れるのです。

いつ終わるかわからないマラソンを走る気にはならないし、

全体図が見えないパズルは苦痛にもなりかねません。

それでも「決まっていない」人の方が多いのです。

逆にいえば自分の志望校が決まっている場合は、

差をつけるチャンスとも言えると思います。



もう一つよく聞く声が、

「今の自分の偏差値見たら、高いところを目指すのは無理」

という諦めや志望校のランクを下げようとする声です。


でも個人的には思うんです。


険しい道なのか、余裕なのか。

自分に向いている問題傾向なのか、そうではないのか。

可能性が低いのか、高いのか。

そもそも可能なのか。


そういったことは「第一志望」を決める時に関係ないのなと。

自分が行きたいと本気で決めたのなら、

そこに向かってただ「歩む」だけ。

覚悟を持ってやるべきこと、出来ることを全部やる。


この気持ちこそが勉強をする上での一番の武器になり得ます。

何よりその方がずっと楽しいですし。



だからこそ早いうちに第一志望校を決めて欲しいです。


偏差値や名前で決める、

制服や通いやすさで決める、

教育理念や大学実績で決める、

どれも正しいと思います。

なんとなく楽しそうとか、綺麗だったとか、

感覚的な部分もあると思います。


色んな視点から選ぶことが出来るのは、

ある意味で「特権」だと思います。


どんな学校が合いそうかとか、

学校ごとのイメージとか、

わからないものは塾にぜひ聞いて欲しいです。

現塾では「当事者目線」で一緒に考えさせていただいています。

気になる場合には、ぜひ色々ご相談ください。



「無理かどうかは聞いてない。やるかどうかを聞いてる。」


自分自身がよく子どもたちに伝える言葉ですが、

早く想いが届き「受験生」になってほしいものです。



長くなってしまいましたが、

「志望校を決める意義」についてでした。


もし初めての塾選びで悩まれていたり、

現状の塾での不安や伸び悩んで困っている等ありましたら、

ご相談や体験授業等、いつでもお待ちしております。

それではまた次回。

ありがとうございました。

NEW

  • 「中学入試の現状②」×「偏差値と受験戦略」【蒲田の現塾】

    query_builder 2022/03/16
  • 「中学入試の現状①」×「志願者数増の理由」【蒲田で始める中学受験】

    query_builder 2022/03/07
  • 【2022年度中学入試】「早稲田実業の時計算」×「考え方を育てる蒲田の塾探し」

    query_builder 2022/03/03
  • 【2022年度中学入試】「女子学院の素数問題」×「思考力と蒲田での塾選び」

    query_builder 2022/03/01
  • 【2022年度中学入試】「開成の計算問題」×「求められる力と塾選び」

    query_builder 2022/02/25

CATEGORY

ARCHIVE