【蒲田で中学受験】詩の読解のコツ。夏の動物。私学イベント。

query_builder 2024/07/09
ブログ
現塾

本日、「2024東京都私立学校展」のチラシが届きました。

8月17・18日に415校もの学校が東京国際フォーラムに集まり、

その中で学校ごとにお話を聞けたり、

パンフレットがもらえたりするというイベント。


事前申し込みは必要なので注意は必要ですが、

この機会に様々な学校をチェックしておくのもありですね!

もちろん、ご担当の方に質問等は出来るかもしれませんが、

気になる学校を実際に見れるわけではないので、

あくまで「情報取集」の一部として行くのが良いのかなと思います。

色々な学校を見れるので「知る」「比べる」とは相性がいいはず。

その後に、最終的に受験する可能性のある学校には、

是非一度は足を運んでおきたいですね。



さて。

昨日の4年生の国語と理科。

暑さのせいもあるのか全体的にテンションが高い中での授業。

国語は「詩」と「和語・漢語・外来語」

文法事項は今回は割と楽な所。

普段からカタカナの言葉に慣れていけるといいなと思います。

なんとなく使っている言葉がどんな意味なのか、

分からない場合にそれを恥ずかしがらずに聞けると、

その子は伸びていくと思います。


詩については、入試問題では出る学校と出ない学校がはっきり分かれます。

志望校が決まってきたら、この辺りはしっかり確認したいですね。

まずは表現技法を覚える。

比喩・擬人法・対句・体言止め…と、ここはただの得点源。

詩で難しいのは、「文が短い」「言葉の使い方」かなと思います。

筆者が何を見ているのか。

見ているものに対して何を思っているのか。

それをわずかな情報や言葉から読み取らないといけない。

これが詩を難しくしている部分です。

大人になると見えてくるものもありますが、

その想像ができない、あるいは違う方向に妄想してしまう、

合わないし納得いかないしよく分からないから詩が嫌になる、

そんな流れがあるのかなと思います。


詩の読解では物語や随筆の読解同様、

自分の考えではなく、「筆者がどう思うか」が大事です。

そこでまずは「ベタな展開」を知ることが必要なのかなと思います。

一般的にどういう話になりそうか。

そのパターンを自分の中にいくつも持っていれば、

少しずつ楽になっていくのではないかなと思います。

後は問題をたくさんこなしていけばより精度は上がるのかなと。

悩んでいる方は是非ご相談を!


理科については「夏の動物」

前回の植物に続いて、ひたすら覚える部分。

虫が嫌いな子にはかなりきつい回…。

覚えるのがきついのもあるけど、それ以上に図や写真を見るのがきつい…。

授業としては「見たことあるー」と盛り上がる回でもありますが、

気が進まない子への配慮も必要な回です。

ざっくりでもいいので、自分の中で分類しながら覚えて、

「選択肢では選べる」状態まで持っていけると良いと思います。



現塾ではご体験授業はもちろん、

不安な点やご相談などもお待ちしております。

ぜひお気軽にご連絡ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


NEW

  • 【蒲田で中学受験】海の日。下剋上算数。敬語のコツ。

    query_builder 2024/07/15
  • 【蒲田で中学受験】夏期講習の過ごし方。志望校合格に向けて。

    query_builder 2024/07/14
  • 【蒲田で中学受験】条件整理。日本の災害。

    query_builder 2024/07/13
  • 【蒲田で中学受験】首都圏模試。電流や立体図形のコツ。

    query_builder 2024/07/12
  • 【蒲田で中学受験】受験に向けた心構え。夏の宿題と質問&自習。

    query_builder 2024/07/11

CATEGORY

ARCHIVE